March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

勉強会:映画<一个勺子−A Foolー>

JUGEMテーマ:演劇・舞台
JUGEMテーマ:映画
JUGEMテーマ:芸能

陳建斌(チェン・ジエンビン)さん監督、ご本人と奥様の蔣勤勤(ジアン・チンチン)さん主演の映画<一个勺子--A Fool-->を見てきました!
元々俳優さんなのでこれが初監督作品。
面白かった〜!
金馬賞受賞と聞いていたので楽しみにしてました、本当に面白かった。
タイトルは”お匙”という意味なのですが、中国の西北地方ではFoolishな人のことをお匙というのだそうです。
だから英語のタイトルはそのまま”A Fool” 。
いわゆる不条理劇でした。すごく勉強になりました。
日本で上演されればいいのに...




障害を持つ20歳くらいの男性を”拾って”しまう主人公の拉条子(ラーティアオズ)。最初は嫌がる奥さんも、”母さん!”としか言わない彼を次第に受け入れるようになる。二人にはこの男性と同じくらいの子供がいるが、諸事情あって今は刑務所に入ってる。
次第に情が湧く夫婦だが、なんとか家族を探してやろうとあちこちにポスターを貼る。その数日後、家族と名乗る男が男性を迎えに来る。大金を差し出す男性の家族、息子を刑務所から出すために金の工面に苦しんでいたラーティアオズはお金を受け取ってしまう。数日後、別の男女が現れ、自分たちこそ男性の家族だと名乗る。その男女は、ラーティアオズが金目的で男性を売り払ったのだと言い張り、最初にあわられた男からラーティアオズが受け取った金を取ると、数日後に見つからなかったら裁判を起こすと言って去っていく。大変なことになったと慌てた夫妻は、外で借金をすると数日後に現れた男女に口封じのためお金を払う。その後も家族を名乗る者たちが現れ・・・良かれと思ってやった人助けにより、夫婦は次第に追い詰められてしまう。

この映画の勉強会を主催し、招待してくださったのは、李亞鵬(リー・ヤーポン)さんです。出演していた王学兵(ワン・シュエビン)さんと共に中央戯劇学院演技科卒業。そしてこの三人は共に新疆ウイグル自治区出身。仲間って本当にいいですね。
本当に日本で上演されればいいのに!!って思います。
すごく骨太の作品ですし、今の中国の世相を表現していると思います。自分の通った学校のことをこう言うのは変かもしれませんが、本当にあの頃の中央戯劇学院に通えて本当に良かったと思います。アカデミックだったんです、当時は。このお三方は私が通った頃には卒業なさっていましたが、尊敬すべき方々だなぁと思いました。

日本で上演して!!!
(大事なことは三回言うのが中国の流行、笑)




 

comments

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2015/12/04 10:42 AM

liliさん
頑張っていますね
大変嬉しく感じています。今から7年ぐらい前に丽都附近の喫茶店でお会いしました。

  • さんが
  • 2015/12/23 10:36 PM
   

trackback

pagetop