November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

国家大劇院

JUGEMテーマ:芸能
JUGEMテーマ:演劇・舞台
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:映画

天安門広場の隣にある劇場、国家大劇院に行ってきました
この劇場は建設中から度々ヘルメットを被って中を見学させていただいてたので、出来上がりを見たときはちょっと感慨深い思いがしました
さすがにナショナルと名の付くだけあって、内部は豪華です(交通は不便ですけど・・・)



夜だから分かりづらいのですが、外側はシルバーに光り輝いています
この中に幾つかの劇場が入ってますが、どの劇場も素晴らしいのです
だから国家大劇院に行くのは大好きです
館内に入ると床は全て色々な種類の大理石で出来ています
これら全て中国国内の大理石の産地からの献上品だそうです
難しい事はよくわかりませんが、とりあえず床に切れ目がないのに驚きます、笑


国家大劇院は交響楽やオペラ、バレエ、ダンス、演劇、京劇などの公演が行われます
その際に使われた楽譜や著名なピアニストたちが指名するピアノは全て劇場内に保存されていますし、バレエやダンス公演では、カンパニーが指定するマットレスも保存されます
資料室もあり、そこには物凄い数のCDやDVDが揃っています
何度も足を運んでいるし、劇場の方からも話をたくさん聞くので、かなり詳しくなりました

昨日はサンフランシスコバレエ団の公演を見てきました
ここには中国出身のプリマYuan yuan Tanがいて、もちろん今回も彼女がプリマ
美人だし本当にしなやかで力強い演技、芯の強さを感じました

演目はコンテンポラリーとクラシック両方ありましたが、個人的にはクラシックが好きかな
ワルツとかね、見ていると福岡でバレエ学校に通っていた頃を思い出します
完全に場違いだと分かっていてもその輪に入りたいと思ってしまうんですよねぇ
優雅で高貴
選ばれた人だけで出来ることってあるんだなぁと・・・思わずにはいられない
私にとってバレエは憧れ以外の何物でもありません
もちろん、とてつもなく苦しいんですけどね、練習は・・・



実は急遽この公演を見に来ることに決めたのです
ただただ
何となく決めました
確か今年の1月位からずっと撮影と脚本に追われてしまってたので
その後のぽっかり期間が思ったより長くて、笑
でも、今やっと何かを吸収したいと思えるようになってきたので
これで抜け出せそうな予感します
後は神のみぞ知る!
努力だけは怠らないようにしておこうと思います







 

comments

   

trackback

pagetop