November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

絵本



子供が寝ている時間に何をするのかがすごく大事!と気付き始めたこの頃です。前回のエントリーから一ヶ月以上経ってしまいました…仕事の事も書きたいけどまだ確定していないので、とりあえずまたまた子育てin北京、について…(笑)
寝返りする様になったエクボさんから目が離せなくなってしまいました。スルンとひっくり返る時もあれば、ものすごい声を上げながらの時もあります。子供といると忙しい上に自分の事は二の次になりがちで、私は成長出来てるのか…?なんて不安が沸き起こったりします…が、この間、早いうちから絵本を読んであげるのは良い事だと聞いたので、早速11月11日の独身の日セールで絵本を買ってみました。日本語のは買えないので中国語です。


読んでみると案外楽しい!
中国語だけどピンインがついているから、旦那氏も読み聞かせ出来るかなぁ等と…思いを馳せつつ何冊か買ってみました。
今はまだ無理ですが、シールをぺたぺた貼りながら地理を学ぶものなんかもあって楽しみです。
自分も一緒に学べるって良いですね、共に成長したいです。

反省

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:映画

 

 

 

 10月1日は、我が愛犬赭赭の誕生日でした。六歳になってしまいました。坂道を降りるのが怖くてオドオドしていた彼も、今やエクボさんが泣くと、心配して遠吠えしてしまう程の育児参加型プードルになりました。

そして、さっき。

皆が寝静まったのを見計らって、こうやってブログを書いているところに、ベッドルームから心配そうに私を探しに来る赭赭。あんな小さな頭だからきっと大脳も小さいはずなのに、フル回転で家族のことをだけを考えてくれているんだなぁと思うとウルウルします。手を差しのばした私を見て、「あ、いたんだね」と言わんばかりの様子でクルッと回れ右してベッドルームに戻って行きましたが・・・

 

 最近エクボさんが夕方になるとぐずり始めるので、テレビを流しながら抱っこしたりあやしたりしています。数日前、たまたま歌唱力を競い合う番組を見ました。本気の勝負に、すごく感動したので、忘れないようにブログに書き留めておこうと思いました。

 直球でぶつかって来る高校生を前に、プロの力を見せつけたと言っても過言ではない新妻聖子さんの姿にじーんとさせられたのです。

 高校生は、若さとまっすぐに突き進むエネルギーが本当にまぶしく、その姿と歌声に心を揺さぶられたのですが、高得点をあげ喜ぶ様子を見ながらも、「スイッチが入りました」と言った新妻さんの表情にハッとさせられました。歌手として、俳優として、常に準備万端な方なんだ!と。ある一定の年齢になったら、仕事も人付き合いも、テクニックも身につく代わりに、まっすぐにぶつかって行く事を避ける事だって出来るようになってしまうと思うのですが、ぶつかってくる相手に、自分もぶつかって行く凄さ、それは常に準備万端じゃなきゃなかなか出来ないはずです。準備万端でも不安はある訳で、勝利を手にした後「なんで泣いているんだろう」と仰いながら泣いている姿にもグッとさせられました。

 私は準備出来ているのか?

と、問いかけざるを得なかった。

始まったばかりの子育てを理由にしてないかな・・・この一年ほど、頂くオファーは全部お断りしていて、最初こそ心がソワソワしてしまっていたのに、最近では「仕方ないじゃないか」と半ば開き直ったように、自ら理由をつけている気がして。「没辧法(仕方ない)」という言葉は一番好きじゃなかったはずなのに・・・時間がないとか、仕方ないとか、言っちゃう自分はやっぱり格好良くはない・・・

 

 ちょうどこの日の午後、あるキャスティングディレクターとお話しする機会がありました。会う前に、私は出産してまだ二ヶ月だという情報は伝わっていました。会いましょうと誘ってくださったのに、最近子供の事で手一杯になってる私は、先方のご都合はあまり考えず、自分の都合の良い時間を指定して会いに行きました。行き帰りの時間込みで外出時間は二時間以内がベストだな、などと思いながら。たまたまそのキャスティングディレクターは、映像作品のキャスティング中、しかもいくつもキャスティングの仕事を抱えている状態だった為、会った場所は仕事先でした。カメラテストに来ているたくさんの若い俳優さん達を見かけ、自分も同じようにあちこちのチームに出向いていた頃を思い出したりしつつ、久しぶりにギラギラした雰囲気の中に身を置いた直後だったからかも知れません。良い話がある、と言われて伝えられた映画のお仕事も、もちろんその場でお断りして帰って来たところでした。

 

 思えば身近な人の中には、常にトレーニングに励んでいる方や、ランニングを欠かさない方、定期的にエステに通う方、どんなに子育てが忙しくてもネイルのお手入れをしている親族、水泳を頑張っている友人など、準備万端の人が沢山いるのに、そんな彼らを、私は勝手に遠くにいるつもりで眺めていたようです。彼らは準備しているところをわざわざ見せびらかさないもんだから、気を抜くと彼らは生まれつき整っているんじゃないかとすら思ってしまうのです。本当はそんな事はない訳で・・・笑

 私も慌ててネイルの予約を入れました。笑 

 

 ずっとまっすぐにぶつかって行けるようになりたい、いや、なります。

子供が笑顔を見せたりするもんだから、すっかりすっかり有頂天でした。

反省。

頑張ってる母の姿も見てもらいたいので。

 

 良いテレビ番組を良いタイミングで観れた私はラッキーでした。

 

今日でエクボさんは生まれて三ヶ月目になります。

私を選んでくれてありがとう。

花市場




数ヶ月ぶりに市場で花や観葉植物を買いました。二時間以内に帰ります、とエクボさんを預けて優雅な一人の時間…とは行きませんので、ものすごい勢いでいつものお店数軒を巡りました。
胡蝶蘭はコスパ最強。
日本だと高いイメージですが、こちらでは一つ25元〜30元。上手に育てたら2ヵ月は余裕?。.我が家の歴代胡蝶蘭さまたち、今までの最高寿命は6ヵ月。しかも水遣りを忘れてしまったって平気( ´艸`) お部屋が華やかになるのも嬉しい。いい事ばかり、胡蝶蘭さま。個人的に良く選ぶのは真っ白の花か黄色の花です(∩?o?∩)?





今回は観葉植物さんにも我が家に来て頂きましたよ。イチジクの木と迷ったけど、名の知らない方を…実なる木も結構好きで、オリーブ、レモン、今はブドウと育ててましたが、農園になりそうなので今回はイチジクは一旦やめました。本当はバナナの木や椰子の木を育てたいのですが、稟議をどう通すのか、頭を使わないとなりません。後はやはり寒くなる北京ではオリーブもバナナも難しいのです…もう少し情報を集めて頑張ってみようとは思いますが、花市場の行きつけの店のラオバン(店長さん)も、ライチも難しいと教えてくれました。南国の植物好きですが、北国では我慢でしょうか…

ところで、花市場もずいぶん変わったなぁと思います。以前は、鉢が全く可愛くなかったんです。景徳鎮もどきとか、文字が書かれているとか…縦書きの毛筆書きが施された植木鉢は、ギャグとしても流石に捨て身過ぎます。なので、毎回市場内の植木鉢や土を売ってるとこから気に入ったのを買ってきて植え替えてもらってから連れて帰ってたのですが、今は何となくこのままお連れ出来るなぁと思える植木鉢が増えてます。


ちょっと切れちゃいましたが、コンクリート剥き出しのオフィスとかに合いそうな植木鉢、我が家でもまぁ大丈夫でしょう。最近ではサボテンを可愛く育てて売っている店もあったり、流行にも敏感に反応している事が感じられる様になりました。生花店も、花のチョイスやラッピングに素晴らしいセンスを感じさせるラオバンの店があり、昔北京で良く見かけた、大量のバラの花をものすごい枚数の紙で巻くような事はなくなってきた様です。

今回の収穫は、ブドウは栄養補給がかなり必要だと知った事です。水遣りも頻繁にしないといけません。実のなる木は大体栄養補給が大事だそうです。土も木も、実がなると栄養が一気に足りなくなり、枯れたりしちゃうそうです…まるで妊娠→出産ですね…急に仲間意識が芽生え、ブドウの木をいたわらなきゃと思うようになり、肥料購入しました。エクボさんのおやすみ中を見計らって、栄養補給してあげようとおもいます。

仲良くなったラオバン達が、土持って帰んな!と土入りの袋を渡してくれたり、送料要らないよ、あんたもついでに乗って帰りな!と、ボロボロのミニバンに植物と一緒に私を乗せてくれて家まで送り届けてくれたり…(家の下で待っててくれたアイさんが大笑いでした)…そんなアイさんに胡蝶蘭さまをプレゼントしたり、北京楽しいです(´°?°)ハハッ..

<ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります>

JUGEMテーマ:映画

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

映画を見ました。

生まれて50日を過ぎたばかりのエクボさんが寝てくれたのを見計らって、泣かない様に抱っこしたまま・・・笑

 

<ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります>

40年住んだ家を売るために奔走する老夫婦の話

これだけなんだけど、心が温まるし、こんな夫婦になりたいなぁと思ってしまう

映像も美しい上に、主演のお二人 Morgan FreemanさんとDiane Keatonさんが素敵

ストーリーに大きな紆余曲折がないのに見入ってしまうのはお二人の演技力だと思う

基本的にドラマティック過ぎるストーリーが苦手な私は完全にツボでした

二人の現在とフラッシュバックする過去とが40年の歴史を語るし、二人が交わす視線を見れば大げさ過ぎる展開はいらない、という様な感じ

 

 

余韻に浸る間もなくエクボさんが起きちゃったのだけど

この子が大きくなったら、一緒にたくさん映画や舞台を見たいなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

育児参加型のプードル

JUGEMテーマ:映画

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:ペット

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

気付いたら自分の誕生日すら過ぎてました。

去年は働いてたので忘れてましたが、今年は子育てで思い出せずにいました。

でも、家族皆で過ごせた誕生日は、慌ただしいとは言えハッピーでした。

 

我が家のエクボさんは体重も増えて抱っこするのも大変になってきました。

生後1ヶ月で抱っこできないと言ってる時点で先が思いやられますね・・・

暫くは育児ブログになるんだろうなぁと思っていたら、我が家で育児を頑張っているのは両親だけではない事を思い出しました。

 

赭赭もエクボさんが泣くと慌てて呼びに来てくれたり、来客の際にお客さんが抱っこしようとすると心配そうに近くを歩き回り、隙を見つけては間に割って入ろうとしたり、赭赭なりに見守り犬として頑張ってます。

 

 

睡眠不足や慣れない事にあたふたしちゃう毎日ですが家族力を合わせて頑張ってます。

いろんな事を経験すればするほど、家族の絆というか、関係性が深まる事も感じてます。

 

北京で出産を考えていらっしゃる方とお話しすることも多くなったので、次のブログでは北京の産婦人科事情を書いてみようかな。多分日本とは随分違うんだろうなぁ・・・。

 

 

 

 

 

ニックネームはエクボです。




Facebookで先にご報告させて頂いてましたが、今月3日に我が家に長女が誕生しました。
有難いことに元気に育ってくれています。あっという間に三週間が過ぎましたが、これまでに増して日が経つのが早く感じます。仕事柄なのか、規則正しくない赤ちゃんの生活にも何とかついていけてます(笑)
妊娠中から出産の日まで、中国の病院の先生方や友人達に助けられ、快適に過ごさせてもらいました。中国の人は妊婦や赤ちゃんに優しいので、妊婦生活が終わる頃にはもうちょっと長く妊娠出来たらなぁと思う様になった程でした。
高齢&心臓の手術を経験していた私は、検診の際、カルテには『高危』の印を押されていましたが(笑)、経験豊富な先生方、無痛分娩&妊娠中のアイアンガーヨガのお陰でたった30分の分娩時間で娘と対面出来ました。
有難いことに退院後も体力の回復が早かったようで、病院でもびっくりされました。今は慣れない子育てに奮闘中ですが、夫が子育て大好きなので楽させてもらっています(笑)その内私は必要無しと言われちゃいそうな気配すら感じています…(笑)
夫にそっくりの娘は、笑うとエクボが出るので中国語のニックネームは小酒wo(シャオジゥウオー)です。エクボさえも夫似です。
三日間の入院中から今に至るまで既に沢山の友人達が小酒woに会いに来て下さっています。何て幸せな子だろうと感謝の毎日です。

赭赭がヤキモチを妬いてしまうのではと心配していたのですが、これまた有難いことに娘のボディガードをしてくれます。娘がベッドルームで泣き出すと私を呼びに来てくれたり、添い寝してたり…(笑)子育て参加型のトイプードルでした。 毎日まだまだ慌ただしいのですが、彼女の個性をちゃんと見極められる親になれるよう頑張っていきたいと思います。
今後は家族共々よろしくお願い申し上げます。


photo by Yoko Sakanoue

アイアンガーヨガに通ってます

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:映画

 

 

元々腰椎が悪く、ひどい時は足まで痺れてしまう事がありました。

マッサージでは無理なので、骨格矯正なども試していました。やってくださる方はとってもすごい方なので、矯正後は数日痛みがなくなりますが、日頃の自分の姿勢や立ち方が悪いため完治とまでは行きません。

そんな時、友人に誘われ・・・この一年ほどアイアンガーヨガに通ってます。

これまで通ったことのあるヨガクラスとは違って、道具を多用します。あと、もう一つ言うと、これまでのクラスのようにおしゃれな格好に身を包み、カラフルなマニキュア・ペディキュア当たり前のファッショナブルなヨガインストラクターはおらず(笑)、Tシャツにブルマー姿のような先生がかなりスパルタな指導をしてくださいます(笑)。ロープで縛られたりするので、最初見た時はちょっと怖いところなんじゃないかとすら思ってしまいました。が、運動嫌いの友人があんだけ言うのだから、と通い始めました。

 

クラスでは骨格や筋肉のつき方、使い方を教えてくれます。なので、骨の名前や筋肉の名前が矢継ぎ早に飛び出します。日本語でもあまりピンとこない名前ばかりなので中国語で言われても最初は全く意味がわかりませんでした。

背骨がS字ではなくまっすぐになってしまっているという私は常にみなさんのモデル役。

もちろん、悪い例としてですが・・・(笑)

最初は普段使わない筋肉など言われてもどこに力を入れたら良いのかチンプンカンプンで・・・

先生たちは普通に立っているだけだと思っていたら、両足のあらゆる場所に均等に力が入っていたりして。「立つ」ってそーいう事だったの?!と驚きました。同じく意味が分からなかったエネルギーの流れすら分かって来ちゃいました。

わかってくるとハマってしまいました。

尾てい骨を仰け反らせる癖がある私はそれを治しただけでも腰の痛みとサヨナラできてしまいましたよ。

バレエをやってた人などによくある事らしいです。

力の入れ方が分かってくると腰だけでなく膝も楽になったり。

こうなったら痛いと思ったところは何でも言ってみようと、先生には足の付け根も痛いし首も痛い、などなど・・・甘え放題(笑)

ちゃんと立てるようになればどこにも痛みはなくなると言われ、ひたすら立ち方を学んで早一年。(ポーズに至る前の前の前の段階ってところ、いわゆる基礎の基礎をひたすらやってます)

そしたら最近本当にどこも痛くない!

痛くてもお家でちょっと習ったことをやってみると楽になるんです。

アイアンガーヨガの良いところは体の柔軟性なんてあまり関係なく、自分にあった動きを先生が指導してくれるところです。私はバレエなどやっていたので体が柔らかいのですが、床に手がつけば成功!ってわけでもなく、逆に先生に言われた通りにやってみると全く体が曲がらないと気づくこともあります。それだけ体に無理を強いて動いていたようです。そりゃあちこち痛くなるわけですね。

 

だいぶハマってしまった私は最近皆が履いているブルマーを買うべきなんじゃないかと一人ドキドキしております(いまのとこスパッツとか履いてますが・・・私を誘ってくれた友人はすでにブルマーです)

アシュタンガヨガやパワーヨガなどのように力をあまり必要としないので、初心者の方オススメですよ〜。

ブルマーは自己判断で(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再演<フリーダとマンダリン>



5月は三連休が二度もあります。今日は端午節、ちまきを食べる日です。
今日から<フリーダとマンダリン>の再演が始まりました。去年一年近くかけて書いた子供向けの舞台脚本です。去年は上演を見ることが出来ませんでしたが、今年は行ってきました。演出がかわり、去年とは違うバージョンでしたが、舞台の面白いとこってこういうところだなぁと久しぶりにウキウキしました。書いた作品が形になるのはドキドキもしますが、ウキウキが勝ちますね。子供達も大勢見に来てくれてました。



観劇後は髪の毛を切ってきました!久しぶりの短め

パリで修行したという中国人美容師さんをご紹介頂きました。また行きます!
お休みという事で久しぶりにテレビ見てます〜(笑)
休みが続くと良いなぁ〜

働く北京の女子




仲良くさせてもらってる北京の日本人女子とジャズを聞いてきました。Dianne Reevesの訪中ライブにすごく良いタイミングで行けました。

舞台を上演していても思いますが、中国の観客は反応が大きいですね。初めから大きな歓声が起こってました。更にはこんな素敵な一幕もあり、ハッピー気分にさせてもらいました。美しい。

友人とは、海外で働く事について熱く語らい(笑)、やっぱりこんな彼女だから私は大好きなんだなぁと、再確認。マイノリティーの身である事を重々分かった上で、そこからどうやって周りに認めてもらうか…これ、常にテーマなのです…悔しい事も納得行かない事も認めてもらえつつあるんじゃないのかなぁと感じる時も達成感を得られる時も、彼女なりのやり方、私なりのやり方をいつの間にかだけど身につけて来られた事に幸せを感じました。
いつもは四人で集まっていたのですが、二人帰任しちゃったから、この日は残りの二人でじっくりと話が出来ました。
ジャズも素敵だったし、また行きたいです!

話し方

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:映画

 

 

仕事の上で、うまく行きそうな話が、急にダメになると

どうやってこの話を伝えようかと悩んでしまう

だから

逆に伝えられる立場の時は

どういう姿勢で聞いたら良いのか

やっぱり悩む

 

伝えられる立場の自分が事の顛末を勘付いている位だし

相手も結論を話す必要はないだろうと思っているかもしれないとすら思うので、本当は悩む必要もなく次に進めば良いのだろうけど

なんだか考えてしまう

だれだって残念な話をしたくないだろうから、私が気付いていると相手が思えば話をせずに済ませようとしている事だって理解できるかもとか・・・

一番焦っているのは本人だろうし・・・

なんて思ってしまう

 

今日は北京には珍しく雨が降ったから

なおさら

そんなことを考えてしまうのかなぁ

 

昨日買ってもらった花たちが雨に濡れてきれいです

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop